English Page Top Page


東京の公園面積は一人あたり5.2m2である。ニューヨークは29.1m2、ロンドンが26.9m2。しかし、ただでさえ狭い都市のオープンスペースは、我々に十分に開放されているだろうか。必要以上の植栽、立入禁止の柵、居場所を限定するベンチ。集積効果のために高密度居住に甘んじているのに、我々はいまだに美しい落日を語り合う空間さえも手にしていない。
ピクニックは、公園の誕生と時を同じく、都市環境が悪化した19世紀のロンドンで生まれた社交である。すでにそれだけでも「何のために公園があるのか」という問いへの答えが示されているであろう。我々は、狭い家に格好良く人を呼ぶことはできない。だからこそ、人との交流の豊かさを都市空間に期待したいのだ。我々は、自然を楽しむ庭を持つことができない。だからこそ、都市の緑を愛し、季節を感じ取っていきたいのだ。

それゆえに、東京ピクニック・クラブは「ピクニック・ライト」を主張する。我々は、ピクニックをする場所が欲しい。ベンチでもなく、噴水でもなく、ただただ広い芝が欲しい。もしも東京 の公園と緑地=グリー ン・フィールドを開放してくれたなら、ピクニックは都市を交流の場として再生させる確かな手立てとなるであろう。緑地が足りず、芝がなくと も、活用されていない空地=ブラウン・フィールドがあったなら、そこで食事や会話を楽しみたい。そうすれば200年目の東京でのピクニックは、新たな都市風景を受容するための切実な試みとなるであろう。
人と出会い、時間を忘れて語り合い、自然と文化を楽しむ権利。それらを都市のなかに求めていきたい。
テキスト:太田浩史、イラスト:北村ケンジ


Copyright; Tokyo Picnic Club / Contactus: info@picnicclub.org